移民急増国家オーストラリアから考える、日本の将来  

f:id:ponkamo:20190326132530j:plain


こんにちは!かさご(夫)です。

 

先日のご報告のとおり、日本へ帰ることになりました!理由はいろいろあるのですが、一言で言うと「オーストラリアに疲れたから」です。特にお金に目をギラつかすマネーモンスターがあまりにも多くて、なんだかもう嫌になりました(笑)

 

今日はそんなオーストラリアが抱える「移民」について、僕たちの経験も交えつつお話したいと思います。外国人受け入れを大幅に緩和しようとしている日本にも起こりうるこの問題。ぜひ日本に住む皆さんに一度は考えてほしいと思います。

 

 

 

人口急増中!オーストラリアの移民の実情

 

意外に知られていないのですが、オーストラリアにはたっくさんの移民がいます。中国、インド、韓国、日本、タイ、ベトナム、イギリス、イタリア、ポーランドなどなど、挙げればキリがないですが、毎年20万人近くの移民を受け入れていると言われています。

 

「オーストラリア人」という定義はあまりにも難しいので、移民が具体的にどのくらいのパーセンテージを占めるのかは諸説ありますが、街を歩くと「自分はいまどこの国にいるんだろう?」と分からなくなることが多々あります。いろんな言語が飛び交い、いろんな文字がお店に書いてあり、もうすべてがごちゃまぜ。英語より他の言語を耳にするほうが多いときすらあります。

 

 

なぜ人は移民するのか?お金に釣られる人たち

 

ではなぜこれだけの移民が集中するのか。寛容な移民政策ももちろんですが、一番大きいのはやはり「オーストラリアンマネー」だと思います。

 

オーストラリアの最低時給は、だいたい23ドル(州によって異なります)で、日本円にして約1850円。日本の最低時給に比べても約2倍の額ですし、東南アジアや東欧諸国の賃金に比べると5倍以上にも相当します。自分の国で生活するよりもお給料が多くもらえて、人生に可能性が増える。そんな理由で、世界各国からたくさんの人が集まるというのが現状です。

 

 

移民で失われる、国のアイデンティティ

 

移民自体を否定するわけではありません。その国を愛する人にとって、移民できることは素晴らしいチャンスにもなるでしょう。問題は、自分がオーストラリアにいることを忘れて、すべて自国のスタイルを貫こうとする人です。何年たっても英語をしゃべらない人、英語を学ぶ気がない人、同じ国のコミュニティ内で生きる人。こうした人たちが急増することは、かなり大きな問題だと思います。他国で暮らす以上、その国へのリスペクトを持つことは非常に重要です。

 

さらにオーストラリアの不動産は外国人が独占しているものも多いので、その国の人間の中でしかお金が回らないというケースも多々あります。言い換えれば、オーストラリア所有の物なのに、オーストラリア経済ではなく他国の経済のみが支配するという、かなり歪な空間。こうなってくると、ますます「オーストラリア」というアイデンティティがかすんでくる訳です。

 

 

世界で進んでいる右傾化と、移民問題

 

想像してみてください、自分の国に数え切れないほどの外国人が押し寄せ、土地や家などあらゆるものを買い占め、それをその国の人たちに販売する。もちろん自分の国にはお金は回らないし、経済的にただ利用されている現状。さらに自分の国の言葉をまったく理解しないし、文化へのリスペクトも一切ない。ただその国の文化を貫き通すだけで、自分の国に馴染む気もありません。

 

そうなるともはや自分の国は外国人に「占領」されているのと同じですよね。積極的な移民政策を始めて何十年。きっと多くの国がいまこうした現状に直面しているのだと思います。世界的に見て右に傾いている近年ですが、自国のアイデンティティを守ろうとする反動が、右に傾く原動力になっているのかもしれません。

 

 

日本が進めようとしている移民政策

 

そしていま、世界の右傾化に反して、移民を積極的に受け入れようとしている国がありますよね。「多民族の多国籍国家」とか「異文化共存」とか、なんともきれいな言葉を羅列していますが、数十年後に待っている未来は、いまのオーストラリアのような世界かもしれません。

 

人口増加とか、税収アップとか、目先の経済的メリットを考えれば移民を受け入れるのはプラスかもしれません。でも長い目で見たとき、それで失われるものもたっくさんあるはずです。「日本のアイデンティティ」を果たして保つことができるのでしょうか?

 

これだけ「クールジャパン」とか日本の大事にしていたものを持ち上げる一方、そうしたアイデンティティをも脅かそうとしているのが移民政策です。世界を何でもかんでもごちゃまぜにするのではなく、お互いをリスペクトしたうえで成り立つのがグローバル化。何事も長い目で考えるのが大事かもしれませんね。

 

 

というわけで、今日はオーストラリアから移民について考えてみました。そんな僕たちも、オーストラリアでの生活は残り約1ヶ月!最近はマネーモンスターに悩まされ続けていたので、今は日本へ帰るのがとっても楽しみです◎日本でやりたいことも盛りだくさん!日本に帰ってからのお楽しみも随時ご紹介しますね。

 

これからもこんな自由な2人をよろしくお願いします!

 

travellingplatypus.hatenablog.com

travellingplatypus.hatenablog.com

 

/* カテゴリー */