【AUSワーホリ】ワーホリ生活スタート!やるべき手続きまとめてみました

f:id:ponkamo:20180612202929j:plain

こんばんは、ぽんかも(妻)です。ちょっとお久しぶりの更新になりました。1週間ほど前から、無事オーストラリアでのワーホリがスタートしました!今はメルボルンで諸々の手続きをしている所です。(車で苦戦中・・・)

手続き自体はNZワーホリの時とそう変わりませんが、「え?!」という事もあったので、ご参考までにご紹介したいと思います💡 

 

  

基本の手続きはNZワーホリと同じ

 

 AUSワーホリでも最初にやるべき手続きはそう変わりません。おすすめの手続きの手順はこちら↓

  1. 携帯入手
  2. 銀行口座開設
  3. (免許証の翻訳申請@在豪日本領事館)国際免許証をお持ちの方は必要なし
  4. TFN(Tax File Number)申請
  5. 仕事・住居探し(TFNは住所が決まってから申請する方が良いかも・・・?
    なので、4、5は前後するかもしれません。)
  6. 在留届 こちらもお忘れなく!

これだけ済ませれば、とりあえずオーストラリアでの生活は始められます!最初は少し大変かもしれませんが、楽しいワーホリ生活への第1歩。ここががんばりどころです^^!

 

 NZワーホリの手続き、詳しくはこちらからどうぞ↓

travellingplatypus.hatenablog.com

  

なにはともあれ、携帯! AUSでもプリペイド

 さて、ワーホリ生活において何を差し置いても最初に手に入れるべき携帯 !オーストラリアでもプリペイドにしよう!と思っていたんですが・・・結局1年間のプランに加入する事にしました💡ちょうどキャンペーンだったみたいで、なかなかお得なプランになっていました✨

オーストラリアの携帯会社は主に3つ。

  • Telstra:元国営の通信会社 ちょっと割高なプランが中心
  • Vodafone:日本では懐かしのボーダフォン。通信がちょっと弱いみたい
  • Optus:上記の2社よりは比較的お手頃。通信網もしっかりしてる、らしい

  • (他の格安通信会社):上記3社よりも安いプリペイドプランあり。ただ、機械音痴のわたしたち、店舗で色々と説明を聞きたいので実店舗のないこうした通信会社は除外。

ということで、わたしたちはOptusの12か月プランに申し込みました。(ビザの詳細を確認されました!プリペイドの場合はいらないかも??)

 

 Optusのプリペイドプランは28日ごと更新で、毎回最低$30のトップアップが必要。

(=2人で$60/月、データ通信はそれぞれ1GB
…との説明だったんですが、今サイト見たら$30で5GBの新しいプランが出てるじゃないですかー!w でも、かさご(夫)の携帯はスマホじゃないのでデータはあまり意味ないんですけどね😀それに、1年間使うとなると下記の12か月プランより一月分多く払う事になるのでデータをそんなに使う予定じゃなければ、あまりメリットは感じないかもしれません。

https://www.optus.com.au/shop/mobile/prepaid/plans?SID=con:premob:2ndNav:premob:othr:Prepaid:pos2

 

対して12か月プランは、30日ごとの更新で1人$35なんですが、一緒に加入する事で2人目が$10オフになるキャンペーンだったので結局お得に。

(→1人目$35+2人目$25=$60/月、データ通信は2人で3GBをシェア

支払いは口座引き落とし、または郵便局などでの払い込みも可です💡

 

注意点は、12か月のプランなので途中で解約すると違約金が約$200発生すること。12か月経ったら、自動的に同じプランが継続されるので必要なくなった時点で解約すればOK。(12か月間いるかどうか迷っている方は断然、プリペイドの方がオススメです!)携帯はNZのプリペイドの方が簡単・お手頃価格で良かったかなぁ・・・。 

 
 

銀行口座開設でまさかの落とし穴が!!!

 
お次は、銀行口座開設へ💡オーストラリアの主な銀行はこの4つ。
  • ANZ:わたしたちはNZで利用。でもAUSのとは別会社らしい。金利高め!
  • CBA:ATMの数がダントツで多い! 
  • Westpac:あまりワーホリの人向けの銀行ではない模様
  • NAB:ATMの数多め、そして口座維持費が無料

口座維持費が無料!という所に惹かれ、わたしたちはNAB(National Australia Bank)で口座を開設しました。メルボルンに着いた翌日、直接支店に行ってみましたが予約なしでもその場で対応してもらえました!

 

必要書類はこちら↓

  • パスポート
  • ビザ番号
  • 電話番号:有効化にも必要
  • 住所(わたしたちはとりあえず最初に滞在したホテルで対応してもらいました。カードは支店に届けてもらい、後日受け取りに行く形)
  • 免許証(顔写真付きのID)
  • 航空券

スムーズに開設できるかと思いきや、ここで思わぬ落とし穴が!!!NZの時と違いProof of Address (住所証明)、マイナンバーは必要なかったんですが、まさかのID、しかも顔写真付きが2種類必要だと言われてしまい・・・💦

 免許自体持っていないわたし、軽くパニックになりました(苦笑)が、前日の夜着いたばかりだと話すと、航空券があればそれでも大丈夫だと言うのでなんとか事無きを得ました・・・( ´ー`)フゥー! まさか口座開設で航空券が必要になるなんて思いもよらず。

 

他の銀行はどうかわかりませんが、NABで口座開設をする場合は、パスポートとは別にもう1つ顔写真付きID、もしくは航空券の半券?が必要になるので注意してくださいね💡航空券は大事に保管、そして口座開設は到着後すぐがオススメです!

 

そしてカードはその場でもらえる訳ではなく、後日指定の住所へ郵送されるか、支店での受け取りとなっています。ちょっと手間ですね>< NZではその場でカードもらえたんですが・・・。4桁の暗証番号はカード受け取り後、ネットバンキングかATMで変更可能です。ちなみに、NABのサイトはちょっと使いづらい、というか見づらいですw

   

TFN申請は住所が決まってからがいいかも?

 

オーストラリアで働く上で必須なのが、TFN(Tax File Number:納税者番号)です。メルボルンに着いて早1週間、わたしたち、実はまだ申請していません!

というのも、申請はオンラインで手軽に出来るんですが、なーぜーか!TFN自体はメールではなく郵送で届けられるらしいんです。申請後3~4週間くらいで届くとの事なんですが、まだ住所が決まってない状態で申請するのはちょっと不安で・・・。

 

だって、申請した後に住所変更しても、それが反映されずに申請時の住所に届けられたらどうしたらいいの😂?!(NZで本当にあった事例ですw)郵送とメールのどちらでもお知らせしてくれたらいいんですけどね・・・。

 どちらにしても、申請から発行まで1か月近くかかるようなので、仕事始まるまでには間に合わない!(苦笑)なので、仕事・住所が決まってから申請する事にしました!どうなったかはまた申請後に記事でまとめたいと思います💡

 

まとめ:なんだかんだ1週間弱は手続きにかかったよ

 

結局なんだかんだで手続きに1週間近くかかってしまいました。今回は銀行のカードがその場で受け取れなかったのと、土日・祝日を挟んだのが大きく響いています><そして、車購入でもちょっとバタバタしています・・・(苦笑)車関係の諸々はまた別記事でご紹介しますね💡NZでも色々あったので・・・( ^ω^)

 

とりあえず、AUSワーホリの初めの1週間は手続きに充てる!と思って来た方がヤキモキしないで済むと思います(笑) 手続きの合い間に仕事や住む場所を上手く探しながら、スムーズなワーホリ生活のスタートを切れるといいですね^^! 

 最後までお読みいただきありがとうございました!

 

こちらの記事もご参考までにどうぞ↓

travellingplatypus.hatenablog.com

 

/* カテゴリー */