【NZワーホリ】部屋探しをしたら 思ったよりも大変だった件

f:id:ponkamo:20180109160010j:plain

こんばんは、ぽんかも(妻)です。今日はわたしたちのお部屋探しについてご紹介したいと思います。

NZワーホリをされている、またはされる予定の方向けの記事になりますが、エピソードとしてはちょっと面白いと思うので、ワーホリ予定のない方もお時間あったら覗いていただけると嬉しいです^^

 

NZでのお部屋探しってどうやるの?

 ニュージーランド(以下NZ)でのお部屋探しは、ほぼ個人でのやり取りが基本になります。日本のように不動産屋さんが介入するのは、一軒家を購入する場合などに限られると思います。
 
NZの賃貸の特徴としては 
・基本的にはシェアハウスのような形;数人で1軒をシェア
・家賃(Rent)は週払い;光熱費やネット代が含まれている事も多い
・敷金(Bond 又は Security Deposit)は数週間分の家賃が一般的
・家具付きの部屋が多い
などでしょうか。
  
お部屋の情報は
・地域の情報誌や新聞の広告欄
・友人、知人の紹介
・シェアメイト募集のウェブサイト

などで探す事が出来ます。

 
また、オークランドなどの都市部であれば、日本人向けの物件紹介サイトを利用する事も出来そうです。(日本人が、日本人のシェアメイトを募集している場合がほとんど)
 
わたしたちは北島のホークスベイといういわゆる地方都市エリアで部屋探しをしたので、NZ人向けのTrade Me(検索は登録なしでもOK)と、

 

EasyRoommate(検索にも登録必須)というサイトを利用して探しました。

Rooms for Rent, Find Flatmates and Share Accommodation | EasyRoommate

   

お部屋が決まるまでの流れ

 
  1. まず条件をピックアップし、気になるお部屋探し  
  2. オーナー(その物件には住んでない場合あり)や
    家主(物件に住んでいる場合がほとんど)と内見;Viewingの約束
  3. 内見、双方合意! または交渉決裂→ ①に戻る   
  4. 入居!!!
お部屋が決まったら、引っ越しの日程や家賃の支払い方法などを確認。(契約書の有無も確認します。必要のない所も多いようです)
気になる事はその場で質問してくださいね。どうしても納得できない事があれば、そこで断る勇気も必要!
 

わたしたちのお部屋探し狂騒曲

わたしたちはTrade MeとEasyRoommateに会員登録をして、この2つのサイトを通して家主に連絡を取っていました。そしてここからが大変だったんです😱
 
まず第一の難関。
ここ良い!と思っても、カップルNGの物件が多い!!!
 
そして第二の難関。
メールを送っても、返信すら来ない場合が・・・
 
まだまだ!第3の難関。
いざ内見に行ったら、サイトに載ってる情報や写真と全然違う!!!
 
 更にダメ押し!第四の難関。
何日も連絡待ちした挙句、落選!!!ずーっと広告出してた物件だったのに、実は30組以上内見してめっちゃ選り好みしてた!!!一番気に入ってた物件だったのに…
 
ぽきっ…( ;∀;)💔

f:id:ponkamo:20180109192918j:plain

正直、正~直、心が折れました。お部屋探しを始めて、すでに2週間が経ってました💦
 
ここまで、
・メールを送った物件:7軒
・連絡が取れた物件:5軒
・内見した物件:3軒
数だけ見るとそこまで多くはないかもしれませんが、そもそも物件数が少ない所に持ってきて、条件に合う物件を!と思うと本当~にないんです💦しかもクリスマスを挟んでいたので余計に大変でした。
 
なかなかクセの強い家主も多かったですしね😀やっと連絡が取れたと思ったら、日本語対応の(=英語が出来ない)韓国人だったり、守銭奴な家主だったり(サイト掲載されていた家賃の2倍近く)、実は治安の悪いエリアの物件だったり…。色々ありました。
 

結局どうなったの??

 お部屋探しを始めて2週間ちょい…かなり(精神的に)しんどいお部屋探しでしたが、最終的には元々住みたいなーと思っていたNapier(ネイピア)という町で 予算・条件ともに見合うお部屋を見つける事が出来ました!!!
  
  • 家賃は$195/週、ネット代・光熱費込み
  • 敷金が$200(最後に問題なければ返ってきます)
  • 退去は2週間前までに伝えればOK
ちょっと古いお家ですが、日当たりの良い部屋で大家さんも良い人そう。まだ部屋が空かないので引っ越しは少し先になりますが、これからの生活が楽しみです♪
 

お部屋探しの注意点!

 今回、NZでの初めてのお部屋探しとなりました。いくつか気を付けた方がいいなーと思う点があったのでまとめておきます。
 
 
【内見前】
住む予定のエリアについて情報収集する
わたしたちは全然知らずに、治安の悪いと言われているFlaxmereというエリアに住むところでした。後々調べてみたら、10年ほど前までかなり危ない地区だったようです。
NZ人の友達でも、泊まっている宿のスタッフにでも、どういうエリアか聞いてみるといいかもしれません。また、公共交通機関の有無やスーパーへのアクセスなども確認しておくと便利。
 
内見する前に、家賃や敷金について確認する
特にカップルでお部屋探しをする方は、ぜひ確認してくださいね💡
1人$150/週の部屋を内見しに行った際、2人だったら高くて$230くらいかなーと思っていたらまさかの$280と言われました・・・。相場と比べても高すぎる!わかっていたら内見行かなかったのになーとがっくり。また、Bond(敷金)については記載されてない事が多いので、そこもあらかじめ確認してから行くといいと思います。
 
【内見中・後】
 ・家賃の支払い方法の確認
これ一番大事です!大半はネットバンキングでの支払いになると思いますが、直接手渡しの場合、支払い確認出来るものがないとトラブルにつながる可能性があります。お金のやり取りについてはハッキリ決めておきましょう。
 
物件の設備、備品の確認
お風呂・トイレの数の確認は地味に大事。中には、6~7人でシェアする物件なのに、バスルーム1つとかあるので・・・。また家具などの備品や共有スペースのシェアの仕方のどについても確認しておくといいかもしれません。内見時にはベッドがあっても、入居時には自分で用意しなければいけなかったりする物件もあります。
 
 ・物件の周辺の雰囲気や、駐車スペースの有無について確認
日が落ちてからどんな雰囲気になるのか確認したり、車を持つ予定がある方はその旨も伝えておくと良いと思います。駐車スペースがない可能性はまず0だと思いますが^^
 
住む上での注意点やルールなどの確認、シェアメイトとの顔合わせ
数人でシェアする事になるので、ここは確認しておきましょう。また、可能であればシェアメイトとの顔合わせも出来るとお互い安心だと思います。
 
 今思いつくのはこんな感じでしょうか。また気付いた事があれば追記しますね。
 

まとめ

 スムーズに物件が見つからなくても 諦めず地道に探しましょう!また、登録しているサイトはこまめにチェックしておくのがオススメです✨ある日急に運命のお部屋が挙がってくるかもしれないので!!
 慣れないお部屋探しは大変かもしれませんが、これも貴重なワーホリ体験!きっと良い思い出になるはずです。楽しみながら探しましょう!
 
と、ここまで散々語ってきてふと思ったんですが…部屋探ししんどかったなーってこんなに思ってるの、もしかしてわたしたちだけですか?!次のお部屋探しはもう少しスムーズにいきますように…(笑)
 最後までお読みいただきありがとうございました!

 

こんなお部屋に住んでます↓

travellingplatypus.hatenablog.com

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ
にほんブログ村

/* カテゴリー */