ブラジル在住歴のある僕が教える、海外旅行の治安対策15選!≪後編≫

f:id:ponkamo:20180820202930j:plain

こんにちは!かさご(夫)です

 

 

前回の記事、たくさんのアクセスをいただきましてありがとうございます!自分たちの経験が皆さんのお役に立てて嬉しいです◎

 

 というわけで、今回は「海外旅行の治安対策15選」の後編。前編で8個ご紹介したので、今日は残りの7個です。

( ↓↓↓ 前編はこちらから ↓↓↓  )

travellingplatypus.hatenablog.com

 

 

 

海外では服装はシンプルに!高価なものは極力しまっておこう!

 

≪治安対策その9≫ 服装はシンプルにまとめよう!

海外旅行にお出かけ!となると、なんだかおしゃれな服装をして出かけたいという気持ちになるかもしれませんが、正直なところこれはあまりおススメしません。海外旅行に行くなら、シンプルすぎる格好くらいがちょうどいいと思います。

 

なぜかと言うと、海外に行くとよく分かるのですが、いわゆる「日本のファッション」ってすごく独特で、それを海外で着ているととにかく目立ちます!海外旅行での治安対策という意味では、いかに現地の人に近い格好をできるかという所もあると思うので、なるべくシンプルな服装を選ぶようにしましょう!

 

ちなみに僕たちはと言うと、基本的に無地のTシャツ、ズボン、以上です!もともと日本でもファッションに関心がないからかもしれませんが、海外ではこのくらいシンプルがいいかもしれません。

 

≪治安対策その10≫ 高級品は身に着けない !

同じ理由で、時計やカバンなど、高級品を身に纏うのはあまりおススメしません。理由はシンプルで、「私お金もってますよー」と言っているのと同じだから。世界的にも「お金持ち」というイメージが未だに強い日本人と分かれば、悪いやつらから簡単にロックオンされます。お気に入りの高級品なら、日本に置いてくるのが賢明でしょう。

 

≪治安対策その11≫ ガイドブックを持って歩かない!

これもちょっと似た理由ですが、ガイドブックや地図を手に持って歩くのはあまりおススメしません。もちろん観光に来た街で方向もよくわからないし、もって歩きたい気持ちも分からなくはないのですが、同時にそれは「僕たち旅行者ですよー」と言っているのと同じです。

 

どうしても旅行者は悪いやつらのターゲットになりやすいので、地元民を気取って歩くくらいがちょうどいいかもしれません。それでも地図が必要になった時は、必ず立ち止まって道の端で確認し、確認したらまたしまう!を徹底するようにしましょう!

 

≪治安対策その12≫ 歩きスマホなど論外!絶対やめよう!

日本では残念ながら当たり前になってしまった「歩きスマホ」ですが、海外では論外です!調べごとなどは立ち止まって、できればホテルやカフェなどで利用するのがいいでしょう。

 

よく歩きスマホの危険な点として「視野が狭くなる」という点が上げられますが、海外ではそれだけ犯罪に巻き込まれる可能性が高くなると思ったほうがいいかもしれません。すれ違いざまにスッと盗られたら、もうそれでゲームオーバーです。スマホも国によっては非常に高級品にあたるので、大金を無防備にチラつかせているのと同じだということを肝に銘じておきましょう。

 

 

レストランやカフェなどでのカバンの管理方法

 

≪治安対策その13≫ カバンは必ず目の届くところに置いておこう!

海外でのスリ被害で多いのが、気づいたらカバンがなかった!というケースだと思います。もちろん盗る方が悪いですが、これに関してはあまりにも無防備な人が多い印象を受けます。

 

例えばレストランで、カバンをイスの背もたれにかけておいて気づいたらなかったとか、席取のつもりでホテルの朝食会場に置いておいたらなくなっていたとか・・・。日本だったらいいかもしれませんが、海外では「自分のものは自分の目の届くところに」が基本です。ちょっと高級なレストランなどでも、基本的にはヒザの上においたほうがいいでしょう。

 

 

それでも万が一が起こってしまったら・・・

 

さてさて、長々と治安対策を13個紹介してきましたが(挙げようと思えばまだ対策はありますが)、どれだけ気をつけていても運が悪かったら巻き込まれることはあります。例えば2016年のリオ。僕たちが行ったときはとにかく治安が悪くて、十分に気をつけていても運が悪かったら強盗にあっていたなというレベルでした。(幸い何もありませんでしたが、執拗に付いてきたり、盗ろうという素振りを見せてきた連中はいました)

 

ということで、何もないことを祈りつつも、ここからは万が一のケースについて紹介しようと思います。

 

≪治安対策その14≫ 強盗やスリにあっても絶対に追っかけない!

これは特に治安の悪い国では絶対ですが、万が一強盗などに遭ったら、素直に渡して間違っても追っかけたりしてはいけません!相手は何を隠し持っているかわかりませんし、こうしたケースで相手を追っかけて、結果的に亡くなってしまった観光客の話もちょいちょい聞きます。

 

現地の人ですら、強盗にあってしまったら素直にお金を渡して安全を優先します(だからお金は複数に分けて持っておくのです!)。命より大切なものなんてないですよね。

 

≪治安対策その15≫ クレジットカードの緊急連絡先を控えておこう!

万が一クレジットカードを盗られてしまったら、一刻も早くカードをストップする必要があります。どのカード会社にも必ず緊急連絡先というものがありますので、こうした連絡先は必ず出発前に控えておきましょう!数秒の差で被害を抑えることができるかもしれません。

 

 

治安対策も重要だけど、やっぱり旅行は楽しまなきゃ!

 

さてさて、というわけで2回に分けてお送りした治安対策シリーズ。以上で15個すべて出揃いました!(パチパチ)

 

こうした話ばっかりすると、やっぱり海外は怖いから行きたくないとか、不安な気持ちでいっぱいになってしまうこともあるかもしれませんが、やっぱり旅ってそれ以上に楽しいはずです。海外旅行ほど貴重な経験をもたらしてくれる、自分の人生の糧になるものってなかなかないと思います。

 

travellingplatypus.hatenablog.com

 

無防備で楽しむだけもよくありませんが、気にしすぎて楽しめないというのも本末転倒です。今回ご紹介した15個を参考にすれば被害に遭う確率はグッと下がると思いますので、自分の落ち着くバランスを上手に保ちながら、ぜひ一度きりの素敵な体験をしてきてください!きっと無事に帰ってきたころには、あなたの人生はより豊かなものになっているはずですよ!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

f:id:ponkamo:20180820210904j:plain

ポルトガルの街中で見かけた落書き。気をつけつつも、楽しむところはしっかり楽しみたいですね!

/* カテゴリー */